奇蹟の体験者たち

神霊教で奇蹟を体験した方々を紹介するBlog

参列

教会行事に参加し、関節の痛みを取っていただく

 右股関節が痛み、安静にしても良くなりませんでした。しかし、教会の大祭には無事参列することが出来ました。その数日後の教会の集いには、痛みが出てとても歩けなかったのでバスに乗って向かいました。
 集いが終わって、何となく足が軽いことに気が付き、痛みが無くなっていて驚きました。行く時にバスに乗った区間を、帰りは普段通りの速さですいすい歩いて帰宅出来ました。大祭と集いで神様の御力をいただいて、すっかり良くしていただいたことを実感しました。
(東京都 70代男性)

腰の激痛を良くしていただく

 ある日の朝、腰に強い痛みを感じました。腰全体が重苦しく、起きていると鈍痛がさらに強くなり、イスに腰掛けていることも出来ません。神様の御力こもる御供物を腰全体にすり込むようにつけさせていただきました。休んでいると少し楽になりますが、起きて動作をすると重苦しく、腰を曲げると痛みが走る状態でした。それから毎日、尊い御供物をいただき、よくご祈念をして、なるべく無理をしないようにしていました。
 2月の神霊教の大祭行事には無事参列させていただきました。気がついてみると、式典中は腰のことをすっかり忘れていました。奉祝芸能の間も、全く腰を意識することなく楽しく踊らせていただきました。腰の痛みを本当に良くしていただき、大祭後は以前と同じように毎日過ごさせいただいております。誠に有り難うございます。
(東京都 60代男性)

喘息の症状を良くしていただく

 ある時より咳がひどくなり、血液検査の結果、喘息と診断されました。病院では「喘息は一度罹ると治らない」とも言われましたが、
 教祖様に一心にお願いし、教祖様御生誕祭にも急遽参列のお許しをいただき素直な気持ちで臨みましたところ、少しずつ苦しかった症状が良くなり、すっかり治していただけました。心より感謝申し上げます。
(北海道 60代女性)
記事検索
アーカイブス
プロフィール
QRコード
QRコード