奇蹟の体験者たち

神霊教で奇蹟を体験した方々を紹介するBlog

叔母

叔母の昇天に際し、縁起の良い夢をみる

 私の叔母が昇天させていただいてから50日目に、叔母の家へお参りに行く日の明け方、夢を見ました。
 神霊教の聖地である万寿山の周辺を車で運転中、トンネルを抜けたところで富士山が大きく見えました。後部座席に座っている母は「こんな綺麗な富士山は見たことがない」と言っておりました。
 夢の中で見せていただいた富士山は、頂上に雪を頂き青々と色鮮やかで裾まで広がり、とても雄大でした。叔母の名前はフジ子ですので、富士山の夢で、どんなに素晴らしいところに行かせていただいたかを知らせてくれたと感じました。
(千葉県 60代男性)

入信後の叔母に次々とお陰

 母は、31年前に胃がんで胃を全摘出し胆石もあることが判明しました。また、交通事故にも遭ってしまいました。その際に神霊教の話をして、お守様を毎年渡すようにしていました。昨年、信者の集まりに参加する機会があり、その帰りには驚くほど元気になりました。その後の検査で手術した方が良いと言われた胆石が小さくなっていました。そして、入信させて頂くことができました。再度の検査で胆石は手術の必要がなく、毎年取っていた胃にあたる部分のポリープも無くきれいであるとの結果でした。入信後、短期間で良い状態にして頂き、深く感銘を受けています。
(東京都 60代女性)
記事検索
アーカイブス
プロフィール
QRコード
QRコード