奇蹟の体験者たち

神霊教で奇蹟を体験した方々を紹介するBlog

回避

高速道路で大事故回避

 ある日、高速道路を走行中、前方を走る1台の軽トラックがあり、私の運転する車は、程なく後ろを走っていました。長い柱をたくさん荷台に積んでおり、固定していた紐がゆるんでいました。柱は波を打つように動き出し、「このままでは大事故になる」と思い、咄嗟に神様に縋りました。すると、柱は全て左側の壁と路側帯に落下し、軽トラックは停車しました。私のみならず、他の後方車、軽トラックの運転手も無事で、お守り頂いたと思いました。
(愛知県 50代女性)

落下物からお守りいただく

 夜の10時頃、学校からの帰り道に暗い住宅街を歩いていたところ、私のすぐ後ろでバタンという大きな音が響き渡りました。驚いて振り向いてみると、道路に物干し竿が落ちていました。おそらく近くのマンションの上層階から落ちたものと思われます。一瞬の出来事であり、大きな事故になるところを、間一髪で教祖様にお救いいただきました。
(東京都 20代男性)

改修工事が順調に

 自宅に雨漏りする箇所があり、業者に依頼して改修工事を行ないました。壁に穴をあけ、クロスを張り替える直前に水道の配管からも漏れていることが分かりました。張り替え後であったら再び壁に穴をあけなければならないところを寸前で回避され、余分な費用が発生せずに済みました。
(愛知県 70代女性)

事故になるところを回避

 ある日、仕事を終えて家に帰ろうとトラックのエンジンを掛けるとオイルの異状を示すランプが点灯していました。自宅近くの修理屋に持って行こうと思いましたが、そんな余裕は無いと考え、最寄りの修理屋に入りました。そのとき既に煙も出ており、これ以上走ったらエンジンが焼き付いてしまう状態でした。冷静な判断ができ、大事故になるところを回避することが出来ました。
(愛知県 60代男性)

飛来物にぶつかるところを回避させていただく

 雨風の強いある日の夜に車を運転していたところ、路上には大きなプラスチック製のごみ箱が落ちており、これを避けた直後、前方から小さめのプラスチック製ごみ箱が強風に乗ってかなりの速度で飛んできました。「ぶつかる」と思った瞬間、風向きが急に変わり、車の右側を通り過ぎていきました。ぶつかっていれば車体やガラスに相応のダメージがあったものと想像されます。あの一瞬の中でお守りいただきまして本当に有り難うございました。
(神奈川県 40代男性)
記事検索
アーカイブス
プロフィール

srkblog

QRコード
QRコード