診断結果がまったく異常なしに
 平成22年の4月、子宮頸ガン検診を受けたところ、クラスaの子宮頸部異形成がみられると診断を受けました。
 子宮頸部異形成とは、異常な細胞がみられるということで、異形成の一部はガンになります。
 教会の方に相談してすぐに祈願し、約1カ月ほど日参しました。
続きを読む