奇蹟の体験者たち

神霊教で奇蹟を体験した方々を紹介するBlog

怪我

顔の傷を急速に良くしていただく

 聖地・万寿山でのお掃除に娘と参加させていただきました。昼食後、落ち葉掃きをしていた時、娘がベビーカーに乗って遊び始め、倒れて顔面をアスファルトに酷く当ててしまいました。すぐにお参りをし、御神水を沢山つけると眠ってしまいました。神様の御力こもる御供物を欠かさず使わせていただき、顔面の傷は1週間で良くしていただきました。
 その翌月にも、娘がチリトリを踏んで滑り、顔から倒れ、右眼の横に傷が出来てしまいました。これにも御供物を使わせていただき、急速に良くしていただきました。どちらも大難を小難へと、お守りいただきまして有り難うございました。また2回の娘の怪我を通して、感謝の心を実行に移すことの大切さについて反省し、信仰を見直すことが出来ました。
(東京都 20代女性)

怪我を最小限に留めていただく

 日頃の不摂生や運動不足が気になり、腹筋ローラーを使用した運動を行なったところ、使い方が悪く、姿勢を崩して顔面を床に強く叩き付けてしまいました。眼鏡をかけていたので、レンズが割れて目に刺さったら大変なところでしたが、レンズは割れていませんでした。かなりの痛みがあったものの、軽い傷で助かりました。お守りいただいたものと感謝しています。
(東京都 20代男性)

大怪我からの回復

 国道沿いの道路を自転車で走行中、突然飛び出してきた自転車と衝突し、大きく転倒してしまいました。右肩に痛みがありましたが、何とか家まで辿り着きました。痛みの箇所を確認すると、右肩全体が腫れ、青あざが各所に出来ていました。また鎖骨の形が変形しており、骨折または脱臼しているようでした。
 病院へと思いましたが、すでに受付が終了しており、翌日も休診だったため、御神力こもる御供物をいただき、御供物で湿布し、一心に祈念いたしました。徐々に回復し、1〜2週間で肩の腫れが引き、肩を動かすことも出来るようになりました。3ヵ月も経つと、生活に支障なく右肩が使えるようになり、鎖骨の形状も正常に戻りました。誠に有り難うございました。
(東京都 60代男性)

左手の怪我が翌日に治る

 ある日の夜、寒くなってきたので鍋料理の支度をしました。おろし金で生姜やニンニクをすり下ろしていました。その時、目の粗い部分が握っていた左手の人差し指に刺さり、皮膚もめくれてしまう程でした。血がタラタラと流れてきたので、教会の尊い御供物を付けさせて頂きました。すると、翌日の昼過ぎには皮膚もピタリと付き、仕事にも支障なく済みました。お守り頂きありがとうございました。
(愛知県 50代男性)

不注意で挟んだ指が軽傷で済む

 車から荷物を降ろす際に、うっかり右手を車のトランクに挟んでしまいました。人差し指から小指まで挟んだまま、トランクは完全に閉まっていました。急いで開けてみたところ、指にはかすり傷しかなく普段通り指を動かすことが出来ました。指が折れていてもおかしくないような状況をお守りいただきまして、誠に有り難うございました。
(東京都 10代女性)
記事検索
アーカイブス
プロフィール

srkblog

QRコード
QRコード