奇蹟の体験者たち

神霊教で奇蹟を体験した方々を紹介するBlog

才能開花

陶芸の仕事が軌道に乗り、マスコミで次々と紹介

 私は現在、焼き物の里・佐賀で食器を制作する作家として仕事をしており、25年前に開窯しました。いずれは独立し、自分の工房を持ちたいという夢を持っていました。しかし当初は、作品も思うように売れず、友人の仕事を手伝って生計を立てている状態でした。
 私が神霊教にご縁を頂いたのは、平成15年のことです。陶芸の才能開花を祈願させて頂きました。リーマンショックなどの影響もありましたが、少しずつ発展させることができました。
 そして昨年10月、テレビ局からの取材を皮切りに、次々とメディアで取り上げられるようになりました。この半年間で驚くほど取材が多くなり戸惑ってしまうほどですが、当初の夢が次々と現実になって行きます。誠にありがとうございます。
(佐賀県 50代男性)

娘の才能が花開く

 神霊教に家族で入信しました。次女はその後、間もなくシンガーソングライターを目指し、才能開花を祈願。東京の音楽学校に2年通い無事に卒業しました。この度、自身で作詞・作曲したオリジナルミニアルバムを発売することができました。短期間でどんどん成長する娘の姿に家族も驚いています。
(愛知県 50代男性)

ピアニストとして活躍

 歴史あるコンサートの海外公演でピアノリサイタルをさせていただきました。また、開催国のいくつかの新聞にも記事を掲載していただきました。お陰様で大学を総代として卒業し、大学院にも進むことが決まりました。また、特待生として学費の全額免除のお陰も賜りました。心より深く感謝申し上げます。
(東京都 20代女性)

中学3年生で華道の準教授

才能開花haruko-ikebana
 私は、現在中学3年生ですが、小学4年生から小原流の生け花を習っています。この間数々の奇蹟を賜り、昨年7月には准教授の資格を取得して教授者の一員となりました。
 続きを読む
記事検索
アーカイブス
プロフィール

srkblog

QRコード
QRコード