奇蹟の体験者たち

神霊教で奇蹟を体験した方々を紹介するBlog

火事

火事を未然に防いでいただく

 コンロでお湯を沸かしている時、ちょっとした別の作業に集中してしまい、お湯のことを忘れて空焚きしてしまいました。慌ててコンロに近づくと、やかんの中身はすっかり蒸発してしまっていましたが、火は消えており、周りにも焦げなどは一切ありませんでした。一歩間違えると火事になるところを未然に防いでいただいて、有り難うございました。
(千葉県 40代男性)

ストーブを消し忘れるも火事を免れる

 朝、脱衣所のストーブをつけたまま外出して、夕方帰宅し気づきました。長時間つけていたにも関わらず、火事にならずに家をお守りいただきました。丁度、2日前に神様の御力こもる御供物で家の周囲をお清めさせていただきましたので、大きな御加護をいただいたものと思います。有り難うございました。
(東京都 30代女性)

隣家の火事から守られる

 5月のある日、お昼頃、隣家で火事が発生しました。我が家の西隣の家から出火し、東側と北側にある隣家2棟が瞬く間に炎に包まれ全焼となりました。
 消防隊の必死の消火作業のお陰で、我が家は板壁が少し焦げた程度で済み、家族も全員無事でした。鎮火後に我が家に向かって風が強く吹き始めたことを考えると、神様にお守り頂いたと感謝しました。
(愛知県 50代男性)

あわや大火事、大惨事を免れる

 ある夜、夕飯の支度を終えた私は、鍋に天ぷら油の処理剤を入れ、そのまま放置していました。うっかり火を消し忘れ、別室に居ました。突然、娘が大声で叫びますので行ってみると、鍋から50cmくらいの火柱が立っていました。
 急いでバスタオルを濡らして鍋に被せ、何とか火を消すことができましたが、換気扇のフィルターは熱で床に落下していました。もし、鍋に落ちていたら大惨事になるところを免れ、娘とともに感謝しました。
(愛知県 50代女性)

火事になるところをお救いいただく

 先日、不注意から鍋の火を消し忘れたまま外出してしまいましたが、鍋を焦がすこともなく、大事に至らずお守りいただきました。誠に有り難うございました。
(神奈川県 50代女性)
記事検索
アーカイブス
プロフィール
QRコード
QRコード