奇蹟の体験者たち

神霊教で奇蹟を体験した方々を紹介するBlog

胃腸

竹箸を誤飲した愛犬が無事

 私は息子から預かった犬を飼っており、とてもかわいいので、いつも一緒にいます。食事になると離れるのを犬が嫌がるので、縁側で一緒に食事をしておりました。
ある日、食事が終わり、食器を台所へ持って行くと、箸が一本足りないことに気付きました。縁側に出てみると、犬がその箸を飲み込もうとしていました。慌てて引っ張ったのですが取り出せず、とうとう犬が飲み込んでしまいました。
 飲み込んだ箸で胃や腸を傷つけてしまうのではないかと夜も眠れない気持ちでおりました。神様に必死にお願いすると、翌日、犬が長い便を排出しました。よく見ると、何と飲み込んだ箸がそのまま出てきていたのです。胃腸を傷つけることなく、犬をお救い頂き、感謝致しました。
(80代女性)

胃腸の不快感が治る

 教会行事の前日、胃腸の具合が悪くなり、何とも言えない不快感が長く続き、必死の思いでお参りをしました。すると徐々に快方に向かい、当日は無事に参詣することが出来ました。
(埼玉県 70代女性)

先祖供養を通して胃腸を丈夫にしていただく

 私はこれまで10回以上、交通事故に遭っていました。戦死した先祖の霊の現象であると気付かせていただいてからは、一度も事故にあっておりません。また、胃ガンで亡くなった先祖の影響で胃腸の具合が悪くなることがありましたが、今回の先祖供養以後、食欲がわいて、自分でも不思議に思うくらいご飯が食べられるようになりました。これは先祖をお救いいただいているからだと感じております。
(東京都 10代男性)

入信以来、体調面を良くしていただく

入信翌日から弱かった胃腸を良くしていただき、しっかりとした体格にしていただきました。又、鼻血が出やすく止まりづらかったことや左足大腿裏の痛み、左膝の痛み、不整脈の症状もいつの間にか良くしていただきました。(神奈川県 30代男性)
記事検索
アーカイブス
プロフィール

srkblog

QRコード
QRコード