奇蹟の体験者たち

神霊教で奇蹟を体験した方々を紹介するBlog

脳梗塞

脳梗塞を良くしていただく

 昨年末、左手の自由が利きづらくなり、脳の疾患の可能性が考えられたので救急車を呼び、病院で検査をしたところ、軽い脳梗塞とのことで、そのまま入院となりました。
 全ての物事を完璧にこなさなければ済まない性分の私は、自分でブレーキをかけることが出来ず、年齢を顧みず無理を重ねてきましたことを反省しています。医師からは「脳の血管もきれいで、過度のストレスによる脳梗塞ですね」と言われましたので、ゆっくりと静養することに努め、お陰様で順調に回復させていただいています。娘達からも「今までよりも顔色が良くなった」と言われました。大事に至らず回復させていただき、誠に有り難うございました。
(東京都70代女性)

脳梗塞から短時日に回復

 昨年、軽い脳梗塞を発症しましたが、短時日で回復させて頂き、後遺症も無く現在に至り、順調に通常通りの生活に戻していただいています。誠に有り難うございます。
(東京都 50代女性)

病に倒れるも奇蹟的に回復

 私は心不全と脳梗塞で入院いたしましたが、医師から「あなたは運が良かった」と言われる程、順調に回復していきました。そして教団行事の「明けゆく世界大行進」に参加することを目標にリハビリに励みました。無事に退院し、自分なりに訓練を続け、いよいよ大行進の当日になりました。苦しくなったら途中でやめるつもりで行進を始めましたが、約1時間のルートを何とか歩き通すことが出来ました。数々の御守護とお導きを賜り有り難うございました。
(神奈川県 70代女性)

姉の命を救っていただき、不必要な検査を回避

 姉が心不全と脳梗塞で倒れてしまいました。神様の御力に守られ、命を救っていただきました。リハビリのための病院へ転院する際も不必要な検査を免れ、自宅近くの良い所へお導きいただきました。御守護いただいていることに深く感謝申し上げます。
(神奈川県 70代女性)

姉の緊急事態を救っていただく

 姉がある早朝、心臓の異常と左腕の感覚が無い状態で目覚め、床を叩いて助けを求め、家族が気付き病院に緊急搬送されました。姉とは少し前から同居を始めておりましたので、早期に発見・対応が出来たことは幸運でした。
 医師からは「脳梗塞と心不全」と診断され、手術は出来ないと言われました。入院当初はろれつが回らず会話がしづらく、左腕も不自由でしたが、神様に一生懸命お参りし、神様の御力こもるものをいただきますと、翌日には腕が動くようになり、次第に感覚が戻って痛みを感じるまでに回復させていただきました。
 そして今では、リハビリに前向きに取り組んでいます。命をお救いいただき、前向きに行動出来ておりますことを感謝申し上げます。
(神奈川県 60代女性)
記事検索
アーカイブス
プロフィール

srkblog

QRコード
QRコード