奇蹟の体験者たち

神霊教で奇蹟を体験した方々を紹介するBlog

自閉症

長男の広汎性発達障害が改善 その7

okabe長男の将来への不安が解消されつつある

 長男の将来が真っ暗で不安で仕方なかった入信前のあのころが、今はうそのようです。高校の進路も不安であったものが、まさか四年制の大学まで行くことができるとは、夢にも思っていませんでした。
 今、東京に安心して単身赴任できているのも、家族信仰の下で平穏無事に過ごさせていただいているがゆえです。続きを読む

長男の広汎性発達障害が改善 その6

各種の資格を取るなど学力が向上

 高校に入ってから、一年間はしばらく宿題や試験週間時に勉強を見ていましたが、二年生ではもう勉強を見ることはなくなり、自分でできるようになりました。
 学校の試験でも平均点以上を取ってくる頻度も増えてきました。時にはクラス内で一桁の順位になったこともあり、また危険物や日本農業技術検定などの資格試験にも合格し、信じられないほどの学力を付けさせていただくようになりました。
 今年3月、いよいよ高校を卒業します。続きを読む

長男の広汎性発達障害が改善 その5

 教会に相談し、高校受験の発願をさせていただき、御神語奉唱しながら、毎日受験対策の勉強を戦略的に行いました。
 特に数学の場合、文章題は完全に捨てて、計算問題だけに的を絞り、繰り返し、計算練習をさせました。
 試験後、出題された文章題は例年以上に難しく、計算問題で点を稼いだ者が有利だという情報が入ってきました。続きを読む

長男の広汎性発達障害が改善 その4

中学ではいじめに遭うこともなく過ごす

 その後、長男に対して、いじめ行為は少しあったようですが、友達もでき、特に大きな問題もなく中学校生活が過ぎていきました。
 それでも、やはり日々の授業に付いていくのに必死で、夫婦で協力して毎日の宿題や、試験期間中の勉強を見ていました。
 長男は数学の場合が特に顕著なのですが、文章題は問題の意味が想像できないため全くできず、足し算、引き算は指を使い、足し算とかけ算、引き算と割り算の違いなども初めは理解できていませんでした。それでも単純計算は何とかできるようになっていきました。続きを読む

長男の広汎性発達障害が改善 その3

 そんな暗い毎日のある日、妻が仕事で名古屋に行ったとき、熱田神宮前の百貨店でお店を出していた占いコーナーに吸い込まれるように入っていきました。
 妻の深刻な状態を知り、その人は神霊教を紹介してくれました。そして神霊教の対外紙『明けゆく世界』を渡してくださり、新聞の教祖様の写真に手を合わせ、「お祈りしなさい」とアドバイスをしてくださいました。続きを読む
記事検索
アーカイブス
プロフィール
QRコード
QRコード