教会の行事でいただいた白菊3本を自宅の花瓶に活けていました。最初は花もちが良い、いつまでも水が汚れない状態から、根が生え始めたので、さし木をしました。その暮の12月に白い蕾が出て、立派な一輪の花となり、年が明けると今度は白菊がピンク色に変わり、めでたい紅白の花々となり、40日が経過しています。生け花の先生に話したところ、さし木で花が咲くことも色が変わることも大変驚かれていました。奇蹟の数々を家族皆で目の当たりにし、とても感激致しました。有り難うございました。
(東京都 40代女性)