奇蹟の体験者たち

神霊教で奇蹟を体験した方々を紹介するBlog

被害

雹の被害から守られる

 午後から雷注意報が出ており、何となく出掛ける気分になれず、家で過ごしていました。夕方、急に金属音のような凄い音がし、外を見ると3、4センチ程の雹が辺り一面に打ち付けていましたので、ガラスが割れると思い必死でお参りをさせていただきました。ガラスは無事でしたが、甥が「雨樋がやられた」と申しますので確認すると、雨樋が数箇所破れ、外灯のガラスも割れていました。出入口のテントも数箇所破れており、大変な被害だと思い、保険会社に連絡しました。
 翌日工務店に見てもらうと、修理には足場が必要とのことでしたが、保険会社からは「調査で足場が必要と認められれば」との回答でした。足場代は高額だと聞いていましたので心配していましたが、保険会社の調査で、足場は必要と認められ、見積もりの全額と見舞金が支払われました。
工事も天候に恵まれ、無事完了することが出来ました。感謝しています。
(東京都 70代女性)

鳩の被害からお守りいただく

 ベランダに鳩が巣を作ってしまい、何度も追い払いますが戻ってきてしまい困っていました。いつもベランダには多量の糞が落ちています。
 鳩が入らないように物を詰めて、もう鳩が来ませんようにとお願いし、翌日は教会で集いに参加した後、鳩除けに剣山をセットしました。それ以降鳩が来ることがなくなりました。有り難うございました。
(東京都 50代女性)

会社の危機を回避

 私は通信関係の仕事をしていますが、今年1月に大きな契約の依頼が入りました。2月に入り、その会社は他県でも同様の依頼をしているという情報が飛び込んできました。何か嫌な予感がしましたので、すぐに営業担当を訪問させたところ、依頼してきた人間はその会社の社員ではありませんでした。受付基準は満たしているものの、詐欺まがいの巧妙な手口で立場を装い、数百万円の被害を受けました。
 神様に必死に祈願し、関係者への調査から始まり、依頼した会社との交渉に臨みました。その結果、奇蹟的にこの問題を解決することが出来ました。本来なら親会社との取引も停止になるところを、これまでの運営の姿勢が評価され、会社はこれまでと変わらず継続して行けます。会社の危機を神様に御守護頂いたのだと感謝しました。
(愛知県 40代女性)

東日本大震災 壊滅的被害の石巻市で助かる

yashiro家族全員の無事を確認
 3月11日、私は東松島市内にある施設で被災しました。地震は、今まで経験したことのない激しい揺れでした。
 地震直後、電気は止まり外部との情報が遮断され、時間だけがむなしく過ぎていきました。
 通信網が麻痺し、電話がなかなかつながらない状況でしたが、ほんの一瞬つながることがあり、家内や子供たちが無事であることを確認できました。
 続きを読む
記事検索
アーカイブス
プロフィール
QRコード
QRコード