奇蹟の体験者たち

神霊教で奇蹟を体験した方々を紹介するBlog

良いタイミングで車の修理ができる

 長年乗っている車のエアコンの故障で点検した折、他の部分も部品交換が必要と分かりました。保障期間ぎりぎりで無償で修理出来、気付かなければ大きな出費になるところでした。
(千葉県 40代男性)

大難を小難にさせていただく

 車で出勤時、いつものコースで駐車場に入ろうとした時、男子高校生が乗った自転車が猛スピードで突っ込み、当方の車のボンネットに乗り上げました。すぐに警察に連絡しましたが、高校生は左ひざの打ち身で済み、車もかすり傷のみで、周りの人に驚かれました。結果、「車と自転車の物損事故」扱いとなり、大難を小難にお救いいただきました。信仰の緩みを反省し、これからも精進したいと思います。
(神奈川県 60代男性)

車の接触事故から免れる

 先日、食料品マーケットの駐車場でわき見運転の車に接触しそうになりましたが、一瞬のところで横跳びして逃れることが出来ました。その車の運転手もわき見していたことをひたすら謝っておりました。御守護いただき、誠に有り難うございました。
(海外 40代女性)

巻き込まれてもおかしくない事故を回避

 家の近くの緩やかな上り坂を歩いていると、目の前の宅配便の車両がゆっくりとバックしてくるのが見え、不審に感じてよく見ると車内は無人でした。運転手は配達に行っているようでした。
 私が大声を上げると運転手が慌てて戻ってきましたが、かなり動揺していたようで、サイドブレーキの引き忘れを戻すのではなく、素手で車を押して止めようとしていました。当然車体はびくともせず、そのまま坂を下り続け、数メートル後ろに停車していた工事現場の軽トラックに、ガシャンという大きな音を立ててぶつかりました。工事現場から人が出てきて冷静にサイドブレーキを引いてくれましたが、衝突音の大きさから双方の車には大きな傷がついただろうと、接触したであろう箇所を見てみたところ、驚いたことに何一つ傷がありませんでした。
 普段、その道は全く車通りが無いため、私はいつも音楽プレーヤーを操作しながら歩いています。その日は家にプレーヤーを忘れたため、目の前の車が迫ってくることに早い段階で気付くことが出来ました。もし気付かず進んでいたら、2台の間に挟まれていたかもしれません。また、車がここで止まらず、そのまま下って住宅街に突っ込んでいたかもしれないのです。
 教祖様、事故からお守りいただき、大難になるところを小難に変えていただきまして、誠に有り難うございました。
(神奈川県 20代女性)

タイヤに釘が刺さったまま、お守りいただく

 私は仕事上、車での移動が多く、高速道路の利用や遠距離の走行も頻繁です。ある日、ガソリンスタンドで給油した後、気になってタイヤの空気圧を計ったところ、左後方のタイヤの空気圧が半分ほどしかないことが分かりました。釘でも踏んだかもしれないと、とりあえずは空気を入れ、修理工場に車を走らせました。
 工場の方から、この釘は最近のものではなく随分前のものですよ、と言われました。耳を疑いましたが、釘の切り口が削られていて磨かれているというのです。ぞっと寒気が走りました。もし高速道路上でバーストでもしていたらと思うと、大変なお守りをいただいたと教祖様に感謝申し上げました。
(神奈川県 50代男性)
記事検索
アーカイブス
プロフィール
QRコード
QRコード