私は仕事上、車での移動が多く、高速道路の利用や遠距離の走行も頻繁です。ある日、ガソリンスタンドで給油した後、気になってタイヤの空気圧を計ったところ、左後方のタイヤの空気圧が半分ほどしかないことが分かりました。釘でも踏んだかもしれないと、とりあえずは空気を入れ、修理工場に車を走らせました。
 工場の方から、この釘は最近のものではなく随分前のものですよ、と言われました。耳を疑いましたが、釘の切り口が削られていて磨かれているというのです。ぞっと寒気が走りました。もし高速道路上でバーストでもしていたらと思うと、大変なお守りをいただいたと教祖様に感謝申し上げました。
(神奈川県 50代男性)