奇蹟の体験者たち

神霊教で奇蹟を体験した方々を紹介するBlog

面接

自分に適した職場にお導きいただく

 私は親族が運営する会社に勤務しておりました。精魂込めて勤務しましたが、期待された実績をあげられず、職場での人間関係も悪化して限界を感じていた時、退職の勧告を受けました。
 早速再就職活動を始め、自分が最も興味を持っていた会社から面接の連絡がありました。教会へお参りしてから面接に向かうと、信じられないことに、面接を担当した取締役と私の誕生日が同じ日にちであり、また、その取締役のお嬢さんと自分が同じ大学の出身であることがわかりました。そのような話で大変盛り上がり、充実した面接の時間を過ごしました。そして数日後「採用内定」の通知が届きました。わずか1ヵ月で再就職が叶い、今新しい職場で充実した日を送っているのは、奇蹟以外の何物でもありません。
(東京都 40代男性)

大学入試で自分に合った形にお導き頂く

 大学受験は、私は一般入試を考えていました。しかし学校の先生との面談で、AO入試を勧められました。私は文章を書くことが得意ではなく、エントリーシートや小論文を書かなくてはいけないと考えていたため、受けても無駄だろうと思っていました。
 ところが、私が受験した大学は面接のみで、出願する際に書く書類も志望動機などの簡単なもので、面接も普段の会話に近く話しやすいものでした。数日後に合格の通知をいただきましたので、最終的にはこの大学に入学させていただきました。自分に合った形で受験をさせていただき、合格させていただきましたこと、感謝申し上げます。
 その後のセンター試験、一般入試も気持ちを楽に受験することができ、天候の面でも試験の日は雨に降られることなく、御加護いただきました。さらにその間、弟がインフルエンザに感染していたにも関わらず、私はうつることなく順調に結果を出すことが出来ました。誠に有り難うございました。
(東京都 10代女性)

長男の就職に御陰を賜る

 横浜に住む長男の仕事の契約期間が切れました。私は次の日より毎日1時間の御神語奉唱を行ない、良い方向へお導きいただけるよう祈念しました。
 やがて長男は以前の職場の別プロジェクトの面接に合格し、また母校からも仕事の誘いをいただいたとの事で、最終的には本人が3時間の御神語奉唱の後、横浜に残る選択をしました。御陰を賜りまして誠に有り難うございます。
(北海道 60代女性)
記事検索
アーカイブス
プロフィール

srkblog

QRコード
QRコード